----------------------------------------------------------------------------------
 < 誰が採用担当者になっても採用できる組織の力 >
----------------------------------------------------------------------------------

例えば、給与計算
例えば、年末調整
例えば、決算業務

誰が給与計算をしても、年末調整をしても、決算業務を担当しても、
決められた期日までに決められた方法や様式に基づいて業務は遂行されます。
そこには、担当者の考え方ややり方に違いはあっても、アウトプットの結果に
大きな違いはないと言えます。

一方、採用業務においてはどうでしょう。
いろいろな事業所からの話を総合すると、
採用担当者に配属された方の考えと行動により、予定通り採用の質と量を確保
できた年があったり、採用できない年があったり、年度により採用活動の成果
に大きく浮き沈みがあるようです。

確かに景気の良い悪い、業界の人気のある無しなど様々な要因があるでしょう。
それにしても大きな浮き沈みは無い方が良いに決まっています。
そのためには、個人の属性に過度に依存する採用から組織の力で採用する
活動へと採用活動の考え方を変換していくことが必要です。


----------------------------------------------------------------------------------
 < 採用業務を「属人的業務」から「組織的業務」へ変換! >
----------------------------------------------------------------------------------

結論から言えば「採用力を向上させる」必要があります。

----------------------------------------
「採用力」とは、
必要な時に、必要な人材を、必要な人数を、
採用できる事業所が有する組織的な力です。
----------------------------------------

ギブハウスが実務支援をする最終目標はここにあります。
誰が担当しても70点以上の評価が獲得できる採用活動。
そこには、エントリー数などの数だけでは見えてこない採用ストーリーがあります。

自社に合ったほんとうの採用活動をつくり上げていきませんか?
少子高齢化がどんどん進んでいきます。
ますます採用活動が厳しくなっていきます。
優秀な人材の確保は、5年後、10年後の企業活力に大きな影響を及ぼします。


----------------------------------------------------------------------------------
 < 組織で本気になって取組むことで実現できる「採用力の向上」 >
----------------------------------------------------------------------------------

「採用力」は、業界や規模、知名度だけで決まるものではありません。
金融業界や大手商社、大手メーカーは、いつの時代も圧倒的な人気です。
しかし、規模は小さくても知名度は無くても、応募者から選んでもらうことはできます。

・採用計画(採用動向や現実を踏まえた具体的な計画)
・情報発信(待ちの姿勢から攻めの採用活動へ転換)
・資料帳票(簡潔でわかり易い資料や文書の提示)
・共感対応(説明やメール、電話等での内容に共感できる)
・組織的本気度(組織の熱意・本気が感じ取れる)

御社の採用活動を、これらの項目を5段階評価したら、何点になるでしょうか?

低くなっている評価をご担当者1人で、高評価に引き上げるのは難しいことです。
採用担当者が、採用以外に複数の業務を兼務している場合、尚更です。
どんなに優秀でも、自分のメイン業務でないと意識している業務については、
取組みの優先順位が低くなるからです。

そうした意識を脱却する意味で「採用力向上」へ組織的な取組みが重要です。


----------------------------------------------------------------------------------
 < 株式会社ギブハウス[総務支援] >
----------------------------------------------------------------------------------

株式会社ギブハウス
茨城県笠間市鯉淵6678レジデンスひたち野502号(〒309-1703)
担当者 : 海藤
TEL : 0296-78-2100 FAX : 0296-78-2805
URL : http://www.gibhaus.co.jp/
E-mail : support@gibhaus.co.jp















めもCGI©ChamaNet